幸せな人生を♪new

幸せな人生を♪new
より豊かに、より充実した、本当に気持ち良い、心から幸せを感じられる人生を送るためのアドバイス♪  by.mumuyou

社会不安障害(SAD)とは

社会不安障害(SAD)とは、
人前での言動や、社交的な場での対人交流に、
また、ときには人前にただいることだけにさえも強い緊張と苦痛を感じ、
こうした機会を回避し続ける結果、社会的に孤立してしまう・・
そういった状態をさす病気です。

具体的には以下のような症状があげられます。

 ・他人の視線に恐怖を感じる「見られている」感じがして辛い。

 ・人前で話すのがどうしようもなく苦痛(あがり症の域を超える)

 ・怒っている人を目の前にすると、激しく動揺してしまう。

 ・人前で字を書くのを嫌う。手が震えてみっともなく感じる。

 ・電話での対応に苦痛を感じる。出るのもかけるのも辛い。

 ・緊張すると汗が出て止まらない。震えの場合もある。

 ・人の集まりが大の苦手。何を話せばよいのかわからない。

 ・すぐに顔が赤くなってしまい、とめることができずに悩む。

 ・初対面の人に話しかけるなんて絶対無理。

 ・複数人での外食が苦手。緊張して何も食べられない。

・・このうちのいくつかが当てはまれば社会不安障害(SAD)の可能性があります。
っていうか、私は全部当てはまりますが(汗)。
そう、数が多いほど深刻で早めの対処が必要なんだそうです。

私はわりと重症なのかな。
でも自覚しているから大丈夫、
なんて楽観的に捕らえてみたりして・・。

そして、これらの症状は、
本当に悩んで誰かに相談したとしても、
「そういう性格だから仕方ない」
「心が弱いだけ」
「頑張りが足りない」
「いいかげんにしろよ」

なんて心無い言葉で返されてしまうことが多々あります。

私もそう、
「もっと頑張れよ」
なんていわれて、傷つくだけだった。
そしていつしか相談すらしなくなっていったの・・。

でも、とある言葉が私を動かしました。

「性格の問題にすぎないと思い込み、
 なかなか苦しみを訴えられない人がたくさんいます。
 しかし、社会不安障害(SAD)は、治療可能な疾患の一つで、
 過度の苦痛に耐え続ける必要はありません。
 社会不安障害(SAD)は治療し治すことが可能な病気です」

どうしようかと思った
今までずーっと苦しみ続けてきて、
一生このままかもしれないと思っていたことが
「治るかもしれない」
のです。

そして同時に知ったことは、
私と同じように社会不安障害(SAD)の症状に
悩んでいる人が10人に1人の割合でいること、
そしてそのほとんどが社会不安障害(SAD)という
名前さえ効いたことがなく、
もちろん治療できるなんて知ることもなく、
苦しみ続けているという事実です。

私にできることは何だろう?

「私はこの障害を乗り越える。
 そして同じ苦しみに耐え続けているにもかかわらず
 逃れられずにいる人たちを助けたい。」

今すぐ、私にできることは何だろう?

・・とりあえず病院探しかな♪

幸せな人生を♪



このエントリーのトラックバックURL

http://mumuyou.com/cgi/mt/mt-tb.cgi/2070

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

名前:

メールアドレス:

URL:

この情報を登録しますか?

コメント: (スタイル用のHTMLタグが使えます)

◆幸せの本◆
仲良しサイト様♪
後で追加♪
♪♪♪